「進研ゼミで定期テストの点数を上げたらイイですよ!」 

「それを自分の使命と考えて、チャレンジして、結果を大々的に発表してみたら?」


それはストロング宮迫氏から突然告げられたのでした。


今から考えると、それは中学受験を挫折して、勉強に対して自信を失くしている我が息子ヨーキチとヨーキチパパを慰めるための言葉だったのかもしれません。


しかし、そのときは「ヨォーーーシ!」と思った。


中学受験の挫折等の経緯については、このあと書きますが、ストロング宮迫氏の言葉をキッカケにして、中1のヨーキチとともに、現在「進研ゼミ・中学講座」を使い、成績がイイ子の親を目指して、親子で勉強しています。成績がイイ子の親を目指して・・・


まずは、

★ なぜ、通信教育を選んだのか?

★ なぜ、進研ゼミを選んだのか?

★ 進研ゼミと親技をどう駆使しているか?

などなど、親の視点から順番にお話していきます。


その前に最初ですので、簡単に自己紹介もつけておきますね。


2007年、年齢は40代前半、5つ年下のとても「きれい」な妻レイコと一粒種の中学生ヨーキチの3人家族で、ヨーキチパパは大手メーカーの技術職に従事しておりまして、妻レイコは美容院勤務。いわゆる中流階級(これってもう死語ですか?)で、都会というよりは田舎といったほうがいい所に住んでいます。


これからヨーキチ親子の進研ゼミ使い倒し&中学生勉強日記というべきものを書いていきます。実際にヨーキチ親子がやったこと、その結果、検証ができたものは、1つずつ記事をアップするという形式を取りたいと思っております。


また、これもはじめに書いておきますが、文中に「ストロング宮迫氏」もしくは、略して「ストロング氏」という人が登場する場合があります。


ストロング宮迫氏は「高校受験・中学受験の親技」というサイトを主宰している人で、ヨーキチパパは、すでにかれこれ3年ほどお世話になっています。


困ったときや悩んだときに、ヨーキチパパは、ストロング宮迫氏に相談をしています。そのような関係で、ときおり名前が記事の中に出てくることがあります。ストロング氏について、ヨーキチパパからあれこれ説明は致しませんので、サイトをご覧いただくか、無料メルマガを発行されていますので、そちらを購読下さい。


以上が簡単な自己紹介です。記事を読んでいただくとどんな人間かだいたい想像できるとお思いますが・・・・


それではヨーキチ親子の「進研ゼミを使い倒す旅」、どうぞご期待下さい。



中学1年生の1年間の受講費は約26.5万円。進研ゼミだと約1/4の69,900円だそうです。とはいえ、値段だけできめるのはちょっと?ですよね。もっともっと調べてみましょう!

進研ゼミ 中学講座<ヨーキチ親子の奮闘日記>メニュー一覧

自己紹介
通信教育で定期テストの点数を上げる!   
中学受験挫折
偏差値20なんてあるの?  
教訓
できて当たり前は本当か?  
DS効果とは?
脳トレを用いると、態度にも学習にもプラスの影響が出る! ・ゲーム機で英単語力がグングンつく! ・DSで授業の動画を見る!  
なぜ通信教育?
通信教育に決めたワケ  
名門小で導入
DSが名門私立小学校の補助教材に採用  
5人に1人が通信添削
月謝安い通信添削小中5人に1人利用   
進研ゼミにしたワケ
決め手は付録と合格実績  
偏差値60へ
織田裕二は来ないけど、偏差値60はキターーー!