大事な大事な一粒種の中1のヨーキチ。


ヨーキチパパは、実は、小5の6月に中学受験を意識してヨーキチを進学塾に入塾させました。決して「中学受験熱」が高い地域ではない片田舎在住ですが、少しばかり親として自信もあったから。(今から考えると根拠はないけど、自信はあるという困った病気です)


6月という途中入塾のハンデがあったにもかかわらず、ヨーキチもあの頃は無邪気に頑張っていました。


しかし、、1回目のテストでいきなり偏差値20台を算国で記録。順位は、なんとブービーで、後ろから2番目。この結果は、私を苦しめました。


文字通りの最低点。初めてのテスト、想像以上のレベルであったにせよ、偏差値20とか22とかは、見たことない数字でしたから!


こんな数字も世の中にあるんだ!その数字を愚息が出した!


平静ではいられませんでした。ヨーキチのパパ、すなわち私はそのとき、決断しました。
 ・
 ・
 ・

中学受験からは手を引こう。撤退だ!

 ・
 ・
 ・

塾の先生の「これからですよ!」という言葉もありました。まだ1回じゃないか!これからだよ!とも当然思いました。でもあのときは体から発する直感によって、それらの声を振り切った。


こうしてヨーキチとパパの波乱に満ちるはずだった中学受験大冒険は突然終わったのでした。


あれから2年。


この春、一人息子ヨーキチは、もちろん無試験(笑)で、公立中学に入学。


小5のときのトラウマからか、塾は完全拒否のヨーキチ。仕方ありませんよね。自分の後ろには、たった一人しかいない成績表を見てしまったのですから。(見せなければよかったと今は思いますが、そのときは気が動転して見せてしまったのです)


あの悪夢を再び繰り返してはならぬ!我が息子ならもっとできるはず!それは息子自身もよくわかっているようでした。


そこで、塾以外の勉強方法で検討した中で、チャレンジしようと思ったのが、通信教育。一応、家庭教師も検討しましたが、主要5科目を教えてもらうとなると、結構な値段がかかりそうだったので即断念(泣)。


こうして中学受験挫折組のヨーキチは、通信教育を使った勉強をすることに決めたのでした。


では、なぜ進研ゼミ・中学講座にしたのか?


進研ゼミに決めたワケについては、のちほど包み隠さずお話することにします。


ともあれ、進研ゼミ・中学講座を使って初めての中間テストにチャレンジしたのでした。


結果は・・・・


いろいろありましたが、実際のテストを見てください。


1学期に行われた中間テストです。

中1 1学期中間テスト「数学」
数学のテスト

中1 1学期中間テスト「英語」
英語のテスト

あの偏差値20のヨーキチが頑張ってくれたと思っています。


きっと親バカと思うでしょう。


「中1最初のテストなんだから、平均点も高い簡単なテストでしょう!そんなんで喜んでいたら、大変よ!!おバカねえ」


そうお考えの方もいるでしょう。実際、私もはじめはそう考えていたのですから。

しかし、落雷は私の頭に落ちたのでした・・・・・ 
 


公立進学高校合格者の3.2人に1人が進研ゼミ中学講座出身。志望校合格率97.7%!

進研ゼミ 中学講座<ヨーキチ親子の奮闘日記>メニュー一覧

自己紹介
通信教育で定期テストの点数を上げる!   
中学受験挫折
偏差値20なんてあるの?  
教訓
できて当たり前は本当か?  
DS効果とは?
脳トレを用いると、態度にも学習にもプラスの影響が出る! ・ゲーム機で英単語力がグングンつく! ・DSで授業の動画を見る!  
なぜ通信教育?
通信教育に決めたワケ  
名門小で導入
DSが名門私立小学校の補助教材に採用  
5人に1人が通信添削
月謝安い通信添削小中5人に1人利用   
進研ゼミにしたワケ
決め手は付録と合格実績  
偏差値60へ
織田裕二は来ないけど、偏差値60はキターーー!