塾は完全拒否のヨーキチが中学生となり、いよいよ1学期を迎える。勉強は順調に進んでいました。


しかし、当時のヨーキチパパには大きな不安がありました。ただ学校の教科書をやっているだけ本当にいいのか?と。 


過去のトラウマから塾は完全拒否、家庭教師は費用が折り合わずのヨーキチ親子に残された道は通信教育しかなかった・・・・・

しかし、通信教育で大丈夫なのか?


そこでヨーキチパパは、通信教育について、ストロング宮迫氏に質問をしたことがあります。


ストロング氏の回答には、意外な内容が含まれていました。

問題集を選ぶときに、なにを一番最初に考えるのがいいかといえば、詳細な解説がついているかどうか。これは前にも言いましたよね。

そういう意味では、通信教育はすごくイイ教材だといえます。通信教育なら、進研ゼミやZ会が有名ですが、それぞれ程度の差はあるにしても、たいてい子供が自学自習できるようにテキストを作ってあります。自学自習ができるということは、解説が詳しいということ、しつこいくらいにね。


だから、イイ教材といえるのです。 もちろん、問題点だってあります。多くの親のみなさんは、利点である自学自習できる内容であることをいいことに、子供にまかせっきりにします。


その結果、どうなるか?


もうおわかりですね!


子供は、自学自習をしないどころか、添削すら出さない!
 こんな事態が起きるのです。

ストロングは、この状態で月日が経過し、ついには毎月届く教材を袋からさえ出さなくなったり、管理がメチャクチャで、せっかくの別冊の「詳しい解答解説」が行方不明になっている生徒を大勢見てきました。これでは、成績アップにはつながりません。

はっきりいって、通信教育との付き合い方が下手なんですよ!ヨーキチパパには、そうなってほしくありませんからね!

そのために、何をすべきか? 

もう、おわかりですね!

子供まかせにせず、親が管理すること。

えっ、自学自習の意味がないって!?

それなら、「通信教育を選ぶ目的」を考えてみることです。

親が楽をするためか? 成績を上げるためか?

成績を上げるためには、まずは「通信教育を使った勉強のやり方」を子供に教えてやることです。


詳しい解説があって、丁寧な例題がついているわけですから、親は教える必要はありません。毎月テストに準ずる添削問題もあるわけですから、親がそばについてやらせる。お金をかける以上、手間をかけても、元だけはきっちりととらないといけませんよ!

このストロング氏の返信を読んで、ふとこんなことを思いました。

通信教育は、塾や家庭教師と比べると費用はかからない。今や5人に1人が進研ゼミで勉強しているわけだから。

でも待てよ、費用が安いのは他人に教えてもらわないからなんだと。他人の時間を拘束しないから、お金はかからない。お金をかけない分、必要なものがある。それが、親の時間なんだ!(ずっとそばにはいられませんが)


なんだか、妙に自分自身で納得してしまったのです。こうして、ヨーキチ親子は、通信教育でヨーキチパパがそばについて勉強することを決意したのでした。 目指すは偏差値60だ!



全国の中学生の5人に1人が進研ゼミ中学講座で勉強しています。2012年からはじまった新学習指導要領にも対応。

進研ゼミ 中学講座<ヨーキチ親子の奮闘日記>メニュー一覧

自己紹介
通信教育で定期テストの点数を上げる!   
中学受験挫折
偏差値20なんてあるの?  
教訓
できて当たり前は本当か?  
DS効果とは?
脳トレを用いると、態度にも学習にもプラスの影響が出る! ・ゲーム機で英単語力がグングンつく! ・DSで授業の動画を見る!  
なぜ通信教育?
通信教育に決めたワケ  
名門小で導入
DSが名門私立小学校の補助教材に採用  
5人に1人が通信添削
月謝安い通信添削小中5人に1人利用   
進研ゼミにしたワケ
決め手は付録と合格実績  
偏差値60へ
織田裕二は来ないけど、偏差値60はキターーー!